スマホ熱中症に注意!熱の原因や対策は?

こんにちは、はせちいです。

 

いつも読者登録・Bブックマーク・スターありがとうございます。

 

まだまだ残暑厳しいこの季節。

先日、気になるニュースを目にしました。

 

今年の夏は猛暑でしたが、その猛暑に加え、スマホも熱中症になってしまい、故障や劣化の原因になっていることがわかりました。

 

驚くことに真夏に外でスマホを使っていると、

スマホの表面温度は50度近くにもなっていることがあるそうです!

 

今日はスマホの劣化・故障を予防するためのスマホ熱中症についてまとめます。

f:id:hasechii0730:20200824110312p:image

スマホが熱くなる原因は?

POINT

最も熱の影響を受けるのは「バッテリー」だった!

ほとんどのバッテリーはリチウムイオン電池を採用しており、このリチウムイオン電池が熱に弱い特性を持っているからだそうです。

リチウムイオンバッテリーは45度近くになると劣化や故障の影響を受けやすくなると言われています。

ながら充電

スマホを充電したまま通話やネットの使用をすることを「ながら充電」といいます。意外とやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

ながら充電はバッテリーへの負荷が高いため発熱しやすく、同じくバッテリーへの負荷が高い急速充電と並んでスマホが熱くなる大きな原因と言われています。

タブレット用の充電器を使用

充電はできていても、タブレット端末用のケーブルで代用していスマホのバッテリーに負担がかかる可能性があります。

タブレット端末用の充電ケーブルは電圧が高い場合があるため、端子が同じ形状をしているからという理由で代用するとスマホが発熱する場合があるそうです。

長時間の使用

POINT

スマホには「冷却装置」がない

スマホやパソコンなどの電子機器を長時間使用していると、熱を持つのはスマホだけでなくパソコンも同様ですが、パソコンにはCPUファンなど冷却装置があります

スマホは小型化するために、冷却装置がないので長時間の使用で内部からの熱が放出されず溜まってしまうとスマホが熱くなる原因になります。

また、最近のスマホに多い防水性に優れた端末ほど機密性の高さゆえに内部の熱が放出されず、熱くなりやすいという特徴もあります。

スマホを置く場所

そもそも高温の場所に置いていたり、炎天下の中スマホを使い続けていると、その熱がスマホを熱くします。

直射日光が当たる場所や夏の車内など、スマホが放熱できない場所に置いていると熱を持ったままになってしまうので注意が必要です。

また、電波が不安定な場所に置いていたり、その状態でネットを使おうとすると電波を探すことによる負荷が掛かるので、それが熱の原因になることもあります。

電波が悪い場所では「機内モード」にすることがおすすめです。

 

スマホが熱くなると起こりうること

熱暴走する

熱暴走とは?

高温・熱によって動作停止してしまう現象

本体がフリーズして操作を受け付けなくなる場合や、意図しない再起動などが頻発すると熱暴走の可能性があります。

熱暴走が起き、フリーズしてしまい再起動すると、操作中のアプリで保存していないデータの損失などの可能性もあるので注意が必要です。

バッテリーの劣化

冒頭でも述べた通り、スマホなどに使われているリチウムイオン電池は熱に弱い特性があります。

スマホ本体の熱が加わり続けているとバッテリーの劣化が進み、充電容量が少なくなります。買ったばかりのスマホと何年も使ったスマホの充電のもちが全然違うのもそのせいです。

バッテリーの持ちが悪くなったと感じた場合は、原因のひとつにスマホの熱が関係している可能性があります。

故障の原因

スマホは全ての部品が熱に強いとは限りません。

小型化、軽量化が進んだ結果、発熱する部品と熱に弱い部品が近くに配置されているものもあり、これが熱による本体故障のリスクを高める可能性があります。

スマホを冷やす方法は?

ながら充電を中止する

ながら充電はバッテリーの熱を上げる大きな原因の1つです。

充電中に熱を持っていると思われる場合は充電を中止しましょう。

これで少なくともバッテリーからの発熱を抑えることができます。

また、バッテリーのもちをよくするために、充電がゼロに近くなってから充電をするということも携帯会社の方にアドバイスいただきました。

充電が心配だからと、こまめに充電しているとバッテリーのもちが悪くなるそうなので、できるだけ充電がなくなってからの充電を心がけます。

スマホの電源をオフにする

充電を中止したら、次にスマホの電源をオフにします。

本体の電源を落とすことで、

バッテリーからの発熱、そして本体内からの発熱を食い止めることができます。

一旦電源を切ることで本来内のキャッシュがクリアされるため、発熱の原因になっていた負荷の高いアプリなども動作が止まり、再起動後の発熱リスクを軽減することにもなります。

スマホカバーを外す

発熱を食い止めたら、次は放熱です。

最近は本体にケースやカバーを付けている人が多いですが、それが熱の放出を妨げている場合があります

スマホが熱をもっていているなと感じたらまず、着脱可能なケースやカバーを外して放熱を促進します。

冷却グッズを使用

最近ではスマホ用の冷却グッズもあります。

効果的に使用することでスマホ熱中症を予防することができます。


 


 


 

スマホが熱くならないようにする使い方

以上の原因・対策から、スマホが熱くならないようにする使い方を普段から心がけることがバッテリーのもちをよくしたり、故障や劣化を防ぐことにつながります。

①ながら充電をしない

②不要なアプリを削除する

③長時間の使用は控える

④気温が高いところに放置しない

⑤熱くなってきたらスマホカバーを外して放熱

さいごに

スマホの画面をタップする- フリー素材 ぱくたそ

以前スマホの機種変更をした際に、アドバイスされたことをまとめました。

少しの心がけで、バッテリーのもちはかなり変わるようです。

バッテリー交換にはお金もかかるので出来る限り長持ちさせたいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

💕ランキングに参加しています💕

ぜひ、クリックお願い致します。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ